鳥栖市について

佐賀県の東端に位置する市で、人口は7.2万人ほど。九州で初めて鉄道駅ができた街でもあり、現在でも九州各地を結ぶ分かれ道である鳥栖ジャンクションや、熊本鹿児島方面へ向かうJR鹿児島本線と佐賀長崎方面へ向かうJR長崎本線の分岐点である鳥栖駅、九州新幹線の新鳥栖駅などが、陸路交通の要衝としての機能を果たしています。

その為物流に関する企業誘致が強みで、鳥栖ジャンクション付近には有名企業の大規模な倉庫が多く見受けられます。スポーツも盛んで、九州唯一のJ1のサッカーチーム「サガン鳥栖」や、日本代表選手も多く在籍するバレーボールチームである「久光製薬」も鳥栖を拠点としています。

風光明媚な土地と福岡の都市部まで電車で30分という利便性から、東洋経済オンラインが行った住み良さランキングでは九州1位、全国では4位を獲得しており、最近では多くのサラリーマン世代が移住が増加しています。

バーチャルライブとは

黒背景に対象物だけを表示させた映像を、透明もしくは半透明なビニール性のスクリーンにプロジェクターを使って投影すると、対象物だけがスクリーンに映し出され、あたかもそこにあるかのような演出ができる仕組みがあります。これを用いて、キャラクターだけをスクリーン上に映し出しライブを行うことを、バーチャルライブと呼んでいます。

スクリーン自体は農業用ポリビニールなどが使用でき、フレームに関しても鉄パイプや物干しでも代用可能なので、安価でかつ簡単にライブを行うことが可能です。
また、人が出演するパフォーマンスでは行えない演出(例えばパーティクルを演者の周りに纏わせたり、衣装を一瞬で変えたりなど)が可能であり、表現の幅が広がるという点と、それに加え制作面において、対人間では細かいニュアンスを伝えることが難しい事項においても、制作者自身が表現したいことをダイレクトに表現でき、制作に割く人員も少なくて良いという点。

以上において、私たちの実施するイベントに非常にマッチしている為、この方式を採用しています。

ファンメイドライブとは

ファンが中心となって製作・開催しているライブイベントが「ファンメイドライブ」です。

毎年 8 月末に開催している CRYPTON FUTURE MEDIA, INC 公式のライブイベント「マジカルミライ」は、幕張メッセ (2018 年からインテックス大阪が加わり 2 箇所での公演 ) でのみ開催されています。しかし、全国的にファンを抱えているため、中には東京や大阪での公演に参加できない方も多くいらっしゃいます。

そんな方達とも初音ミクのライブを楽しみたい、との思いで 2013 年夏に富士山麓の駐車場で「富士山ミクライブ!」が製作・開催されました。このイベントを皮切りに、全国各地へ広がりつつあります。上図に載せているファンメイドラブはごく一部で、ボカロDJライブや大学のサークルが学園祭でライブを行ったりと、全国各地でファンメイドライブが開催されており、大変賑わっています。